耳鳴りには色々な種類があり、その原因はまだ解明されていません

リンパ液の調節

耳は音を聞くために重要な器官だということは誰でも知っていますが、どのように音が聞こえているかというメカニズムを知っている人はあまりいないでしょう。
音は空気が振動して発生するものです。そのため、音を聞き取るためにはその振動を体が感じ取る必要があります。
そのため、耳は外からの振動が体内まで届くようにリンパ液で満たされています。耳の鼓膜にぶつかった振動が鼓膜から耳子骨やリンパ液を通すことで振動を受け取れるようになっているのです。

リンパ液は音を聞き取るために必ず必要なものですが、場合によっては耳鳴りを起こす原因にもなっています。
リンパ液には内リンパ液と外リンパ液というものがあるのですが、外リンパ液は音がしっかり伝わるよう薄い膜しかないため、外に漏れでてしまう事があるのです。
そうすると耳に異常をきたし、耳鳴りが聞こえてしまう場合があります。
また、外リンパ液だけでなく内リンパ駅によっても耳鳴りが起こることがあります。
内リンパ液は音を聞くのに大切ではあるのですが、生産しすぎて、耳の中が内リンパ液でいっぱいになってしまう人がいるのです。
このような場合にも耳鳴りやめまいなどが起こるため、症状を改善するためにリンパ液の調整を行なう必要があります。
そのため、耳鳴りが気になる際には、こういったリンパ液の異常がないかどうかを耳鼻科の医師に診断してもらう必要があるのです。

このページのトップへ